Welcome

ようこそ!/ Welcome!



iFly 2015


デジタルの翼を広げて飛翔しよう、世界のどこまでも

iFly 2015
“Flying high on digital wings, all around the world!”


1000マイルの旅

幼稚園は生涯学習という旅の始まりです!すべてのOIS幼稚園児とご家族そして(? )する方々にとって、国際バカロレア教育(IB)との関係が始まるのです。この幼児期の経験は彼らの今後の可能性を大きく形作ることになります。学習という旅の成功を保証するために、教師や家族は、子どもたちが基本的な読み書きおよび数字の知識とスキルを身につける一歩をきちんと踏み出すことに配慮しなくてはなりません。


文字と数字の識別、ストーリーセンス(口語を含めた文章力)、カウンティング(計算能力)、リズム感そして社会性、これら全てがPYP(国際バカロレアの初等教育課程)、MYP(中等教育課程)、DP(高等教育課程)、さらにその後の教育が成功するために必要不可欠な役割を果たしています。同じく重要なのはIBにおける学習者プロファイルであり、それと共に、人類共通理解、地球を大切にするという認識を持った国際志向の人々を育てるためのたゆまない努力は、世界をより良く、より平和なものにする手助けとなります。
 

The journey of 1000 miles…

Kindergarten is the exciting beginning of a lifelong journey of learning! For all OIS kindergarten students and their families, their relationship with formalized IB learning begins here. The experiences of these formative years will greatly shape their future possibilities. To ensure a successful journey, teachers and families must see to it that children take the essential preparatory step of mastering foundational literacy and numeracy knowledge and skills.

 

Letter and number identification, story sense, counting, rhythm, and socialization all play indispensable roles in preparing students for success throughout their PYPMYP, and DP educational experiences, and beyond! Of equal importance is the Learner Profile, and with it our sustained effort to develop internationally minded people who, recognizing their common humanity and shared guardianship of the planet, help to create a better and more peaceful world.
 

IB教育の中でのICTの役割

IBでは、教育と学習において情報コミュニケーション技術(ICT)の影響が日増しに大きくなっていることを認識しています。学校にいる全ての教職員はスクールから提供されているテクノロジーの使用法及び活用方法のトレーニングを受け、そのスキルを生徒の探究学習に取り組むことを行っています。


多くの生徒や教師が、他の生徒の学習を向上させるために今までの経験や知識を持ちよります。実際、このことがIB教育において最も頻繁に生徒の学習環境で行われていることです。多くの生徒がこれまでに得た知識と経験を集めることにより、教師をも含み他の生徒の学習力を向上させています。


ICTは学習向上のための環境を提供し、生徒の探究を大きくサポートすることを可能にし、それらの概念的理解を深めることにも成り得ます。ICTは他の科目と異なり、学ぶための道具であり、それを操作するスキルでもありますが、道具としてのICTを操作するスキルを身に付けることだけでなく、全ての学びに対して重要な道具です。

ICTの技術は学習者それぞれの探究学習に必要な道具として展開し、それを活用するスキルを身につけなければならないのです。


ICTを使用することにより以下の点が可能になります。

・学習内容を記録し、関係者全員がそれを閲覧する。

・生徒にフィードバックの機会を与え、反省点を挙げる。

・より確かな学習を行う機会を増やす。

・幅広い情報源にアクセスする。

・生徒たちが学習の成果を記録、整理し、それを表現する。

・多くの人とコミュニケーションのきっかけを作り、実際にコミュニケーションをはかる。


Free to fly?

iFly2015はオキナワインターナショナルスクールICTプロジェクトの要です。iFlyは2012年の4月に始まり、教師、保護者そして地域の方たちなど学校に関わる全ての人たちが率先して取り組み(2012年10月現在、幼稚園5歳児クラスのEaglet2と中等部のG7で行われています。)、デジタルネイティブ世代に1人1台のipadを提供します。OISの生徒は責任ある21世紀市民として探求し、創造し、コミュニケーションをはかり、他と協力し合いながら、自らを正しい方向に導けるようになります。
 

Free to fly?

 

iFly 2015 is the keystone of ICT-based learning at Okinawa International School. It is school-wide learning initiative (fully supported first in Kindergarten with our “Eaglet 2" class for 5 year olds) kicked off from April, 2012 in which all stakeholders work together to leverage 1:1 iPad technology ubiquitously to empower our digital natives. OIS students will be increasingly enabled by this initiative to investigate, create, communicate, collaborate, and organize as responsible 21st century citizens!


Alighting on our goal

「教育のためのテクノロジーの価値は、その使い方を学ぶ所にあるのではなく、それを使って学習を行うという所にあるのだ。」 マイクミューア


iFly2015年の主な教育目標は​英語の読解能力、数学、および、科学学習の向上に大きく貢献することです。OISは世界中のインターナショナルスクールで学力テストとして採用しているISA試験を毎年G3以上が受けています。OISでは、各生徒の学力を伸ばすために国際値を設定しました。


English Language Learning(ELL)、および 放課後のIELL (Intensive English Language Learning)そして、 コンピュータ支援学習(CAIL)などその他OISの教育プログラムは、iFly2015が万全な状態になるにつれてサポートされていきます。通常のクラス以外に行われる、学力向上支援プログラムELL、IELLそしてCAILプログラムは、iFly2015のプロジェクトが進行することで、大きな成果を生み出すことができます。
 

Alighting on our goal!

"The true value of technology for learning lies not in learning to use the technology, but in using the technology to learn." - Mike Muir (Multiple Pathways Leader, Auburn School Department, Maine, USA)

iFly 2015’s primary educational goal is to significantly increase student mastery in English literacy, Mathematics, and later, Science. OIS aims to meet and exceed International Baccalaureate standards by the end of the 2015-16 school year. In concrete terms, OIS has set a goal to raise both aggregate literacy and numeracy rates for Grade 3 to XX% (by winter 2015-16) from their current (winter 2012-13) levels of XX% and XX% respectively, as measured by the International Schools’ Assessment (ISA).

Other OIS educational programs, such as English Language Learning (ELL) after school IELL (Intensive English Language Learning), and Computer Assisted Learning (CAL), will be increasingly supported as iFly 2015 approaches full implementation. 
 

How will we do this?

生徒たちは、学校にいる間教師と共にiPadを使用します。しかし、最大の教育的成果を達成するために、保護者の皆様がご自宅で生徒の読解力と算数に関する学習をサポートする必要があります。


そこでOISの大きな教育目標を達成するための重要な戦略の1つとして、iPadを自宅に持ち帰り、すべてのOIS生徒(Eaglet 2から)とその家族がiPadを使用した英語環境学習プログラムを自宅で実践できるということがあります。保護者と生徒が一緒に使用できるように、生徒はiPadを毎日持って帰るようにします。
 

How will we do this?

iPads will be used by students with their classroom teachers during the school day. But in order to achieve maximum educational impact, parents need to be able to support and extend every child’s in-class literacy and numeracy studies at home.

 

So an important part of our strategy for meeting our ambitious educational goal is a “take-home” placement with every OIS student (beginning with Eaglet 2) and his or her family. iPads are intended to go home with students every day so that parents and their children can use them together.


A helping hand

iFly2015は教育を「実行」する上での全く新しい試みなので、当然我々は学ぶことがまだまだたくさんあり、それは生徒だけでなく保護者も教師も同様です。新しい試みだからこそ、OISは一本化した総合的なサポートを関係者全員に提供します。お互いをサポートし、教えあうために私達はiFly2015の必要不可欠なプロジェクトの一部として、直接、そしてバーチャルのコミュニティを作ります。オリエンテーション、ワークショップ、ネットワークの利用、その他の定期的なミーティングを通してお互いがOISの生徒を手助けするために、どのように協力し合うことができるかを学んでいきましょう。


OISの学習のコミュニティーの中で全員を手助けするのが私達、教育テクノロジートレイナーと新しく設立された教育テクノロジー部門です。
 

A helping hand.

iFly 2015 is a completely new way for OIS to “do” education, so naturally we’ve all got a lot to learn — that means students, as well as parents and teachers. That’s why OIS will be offering integrated, comprehensive support for all stakeholders. In order to support and educate one another, we’ll set up and maintain real and virtual communities of learning as an integral part of iFly 2015. Through orientations, workshops, networking, and other kinds of regular meetings, both formal and informal, we’ll be constantly learning how we can help each other to help OIS students.

 

And lending everybody a helping hand in our communities of learning will be our team of Educational Technology Trainers and other members of the newly established Department of Educational Technology (DET).


沖縄からどこまでも!

このiFly2015とともに、一人一台のiPad学習という国際的な21世紀デジタル教育における最新のパラダイムシフト(革命)を最大限に生かすことにより、OISは沖縄でのパイオニアとしてゆるぎない地位を確立いたします。
 

From Okinawa to everywhere!

With iFly 2015, OIS once again establishes itself as a pioneering school in Okinawa by taking full advantage of the latest paradigm shift in international 21st century digital education, 1:1 iPad learning!


間もなくOISの生徒はデジタルの羽を使って、世界中を飛びまわります!
Soon OIS students will be flying high on digital wings, all around the world!


Robert Duckworth

ICT Director

Okinawa International School

 

UP