Informationインフォメーション

中学3年生による コミュニティープロジェクト

view pdf files

IB MYP COMMUNITY PROJECT CELEBRATION
~国際バカロレア中等教育課程コミュニティープロジェクト~

 
お越しいただきました多くの皆様へ

中学3年生による発表はいかがでしたでしょうか?
今回で3回目となりますが、生徒たちの発表内容、段取り、発表姿勢など全てにおいて年々向上してまいったと実感しています。

 

「みんなで助けられる命がある」というテーマのもと、捨て猫たちの現状やどのようにこの命を助けることが出来るのかということについて調査し、まとめていました。

「身体障害者の不平・不満」の発表では、車いすの利用者の目線からどのような場所に危険があるのか、どのような点で身体障害者向けの構造ではないのかなどを調査していました。

 

「楽しく効果的な英語学習」においては、英語学習の為のカードゲームを独自に作成し、実際に英語環境にない方たちに実践してもらった結果などをまとめていました。OISで英語を学習してきた経験から作成されたカードゲームの効果やいかに・・・
 
 
それぞれの発表へ向け準備を進めた中学3年生の皆さん、またそれを支えた中学1~2年生、及び先生方お疲れ様でした。


===

  • 開催日:2018年2月3日(土曜日)
  • 時 間:午前 10:30〜 12:00
  • 場 所:OISビルディングA 体育館

 OISでは中等部9年生(中学3年生)による、第3回コミュニティープロジェクト発表会を行います。
 
 コミュニティープロジェクト発表会とは、生徒が地域、国、世界へと視野を拡大し、生徒が主体となって社会に貢献できるものが何かを探究し、効果的な奉仕活動を行ってきたことを発表する場であり、中等教育の集大成です。発表会では、生徒たち自身で選んだ奉仕活動を通して、これまでの探究学習の中で得た成果を発表します。

今年度の発表テーマ
〇テーマ1:「身体障碍者の不平・不満
       Complaints of physically challenged people」

〇テーマ2:「みんなで助けられる命がある
      
 Decreasing cat deaths」

〇テーマ3:「楽しく効果的な英語学習
       
Meaningful and entertaining way of learning English language」


一般の方のお越しもお待ちいたしております。
中等部9年生(中学3年生)によるコミュニティープロジェクト発表会をどうぞご覧ください。

UP